マリアの宣教者フランシスコ修道会 日本管区

聖母の園「ミサとお花見の集い」

毎年恒例となっている、聖母の園「ミサとお花見の集い」が今年も4月7日(土)に開催されました。数日前から、雨の予報でしたので心配していましたが、なんとかお天気がもって一安心。強い風に見舞われつつも、八重桜やしだれ桜の咲き乱れる聖母の園で、美しい春を満喫することが出来ました。

11時からのミサはフランシスコ会の神父様方が共同司式をしてくださいました。皆で主を賛美し、ご復活の喜びを分かち合った後、いつものように「自己紹介」。12時を回っていて、少々お腹が空く時間でしたが、全員が揃って自己紹介できるのは聖堂だけ、ということで、お一人ずつしっかり自己紹介していただきました。色々な繋がりや関わりによって、フランシスカンの輪が広がっていることを実感。参加者の皆さんそれぞれのご縁や思いなどをじっくり聞かせていただいて、時間はすでに13時近く・・・とっても和やかなひと時でした。「実は…洗礼名がフランシスコです」とか「クララです」とおっしゃる方もいらっしゃり、密かに聖フランシスコが取り持ってくださっているご縁を感じました。

いよいよ、ナザレト修道院に移動しランチタイム!朝早くから姉妹たちがせっせと準備したおにぎりや鶏唐揚げ等、豪華なお食事がずらりと並び、参加者の方からのお土産や手作りの差し入れもあり、テーブルがいっぱいになるほど豊かな食卓となりました。神父様のお祈りでお食事が始まると、みんなご馳走をほおばりながら、交わりの時を楽しみました。親しい雰囲気の中、お互いの距離が自然と縮まっていくように感じられました。お腹がいっぱいになった頃、いよいよお花見と記念撮影のため外へ出て、皆めいめいにお花を楽しみながらフランシスコのご像の周りに集まりました。聖フランシスコを囲んで総勢57名が一つになって喜びを共にする素晴らしい一日となりました!